ニュース案件未分類東京オリンピック・新型コロナウィルス関連

今年最大の炎上案件:感染者が急激に拡大する中オリンピック開催なんてとんでもない!

これまで当サイトでは様々な炎上案件を取り扱ってきましたが、とうとう2021年最大の炎上の事態、巨額を投じたワクチン摂取政策もスタートして時間が経過、効果が出てもいいタイミングで急激に感染者が増加、今度はまた日本最大規模の予算を投じた超巨大事業である東京オリンピックを開催するということで確実に影響を及ぼしていると思われます。

 

当サイトではまず第1回の記事ではオリンピックの開催時期が非常に悪く、感染者が増大する時期に重なることについて指摘しました

 

また、政府発表のワクチンや新型コロナウィルスに関する情報が、科学的に間違っていたり、根拠が示されていなかったり、非常に不確実な情報をもとに「ワクチンは安全だとか効果がある」などと明記されている点について政府自体が根拠に基づかない憶測で情報を発信している問題を取り上げました

 

さらにオリンピックの開催に懸念を感じたのか、明らかにずさんな計画、関係者が深夜に密談するなどという状況の中で巨額の無意味なシステムが開発され、当然計画が変更になりました。その結果、予算がなく先日「予算を減らすように脅す」発言などが録音が報道される事態になっていましたが、このシステムがなぜ無意味なのか当サイトでは記者が子供の時からのハッカーでありプログラマーのため特に理解が深い専門的知見をもとに事前に説明しました

 

また、IOCによる「緊急事態宣言の発令はオリンピック開催に関係しない」などという発言や電通によるオリンピック誘致の巨額の不正などの問題が日本国内で総スルーされている問題についても取り上げました

 

さらに感染の拡大防止とオリンピック開催が相反しているので感染拡大のリスクを高める問題についてはこちらに

 

「緊急事態宣言でもオリンピックを開催する」という発言に対して日本に最悪の危機が到来するためオリンピックは不要であるという記事を掲載しました

 

2021年7月現在急激な感染拡大が発生

 感染者推移の週ごとにまとめたグラフ(独自に開発)

未来の感染者予想プログラム

オリンピック開催前に感染者が増え始めていくと、オリンピック開催期間中には感染者が増加して日本と各国との行き来が困難になる懸念が高いです。また感染者が増大しているので入国・出国ごとに待機期間が発生するためこれを予想すればオリンピック開催前に帰国を検討する参加国が出てくるはずです。

巨額の費用を当時、国民の多大な犠牲や努力の結果ようやく感染を減らしたものに、日本最大の巨額を投じたオリンピック、それも10万人規模が活動するということになれば今後どうなるのか予想することは簡単です。

今後確実に炎上する事態になるのは、当然オリンピック以外のイベントはすべて自粛という名目で中止を命じられ、罰則まで履行されることは予想できます。

一体何のためにオリンピックを開催するのか、イベントの休業も、補填があるならまだしも出ても査小の金額、昨年から1年6ヶ月にわたり様々な感染拡大、政府政策がありましたがこれほど長く明らかな政府失策の影響を受け続ければ国民の忍耐も限界に違いありません。資金も底をついたら選択肢は営業を続けるしかないのですから、政府政策の要因によってこの状況になってしまえば政府へのオリンピック開催に対する批判が殺到するのは当然でしょう。

みなさまには今後感染者が増大する中、政府のオリンピックのためのプロパガンダに騙されず、ワクチン摂取を進めても感染者の増加が急速に進む以上は感染をしないように注意するしかないだろうと改めて報告します。

 

個人的に言わしてもらえば「オリンピックなど何ほどのものであるのか、日本に住む人々自体以上に価値のあるものとは到底思えない」

 

以上管理人でした。