Apple・Mac・iPhone・iPadニュース案件未分類

案件No.10:Apple「仮想通貨、マイニングは環境破壊」一方、400万円のMacPro2019発売からわずか2年、WWDC2021炎上?!Appleシリコン搭載MacPro発表?一体どこがエコなのだろうか?!

投稿日:

こんにちは、一週間後にWWDC2021というAppleからのメールを受け取りました。

続々と新しい製品が繰り返しでてくるAppleの製品、見かけは綺麗なんですが最近憂鬱に感じるようになってきました。

それはなぜか?

2019年最大400万円という超高性能をうたったMacProが登場

Mac史上最高のパワー、拡張性、システム構成の可能性を備えたMac Pro

まさか、その最高のMacが2年で過去の産物に、今後はApple向けの開発に近年のうちにAppleシリコン搭載Macが必須になり、結局産業廃棄物に…

 

9年前に発売されたMac ProもOSのインストールが切り捨てられ投げ売り状態で価値崩壊。

 

新型Macの発表があるといつも旧製品は価値が下がり暴落する

65万円で買ったMacProが2年で半額にしかならない状況。

Appleシリコン搭載MacPro発表でさらに値段が下がる可能性が高い

65万円が2年で15〜20万円台ってなにかおかしくないですかw

 

先日MacProについてAppleに問い合わせ際には、MacPro2019が今後いつまで使い続けられるか回答が得られなかった

65万円の買い物って安い買い物じゃないじゃないですかw

 

他にもiPhone、iPad、Apple watch様々な製品がでますがたった1年で新製品が繰り返し発売され、旧製品は基本的に売られていき最終的にゴミにしかならない、これってどこがエコなんでしょうか?

最悪、お金を出して買った顧客から、二束三文で激安で材料を調達、それを再利用して高い製品を売りつけているだけ。

仮想通貨マイニングが環境破壊だ、というならまさしくAppleの販売製品も環境破壊前提としか思えないんですね。

 

iPhone、iPad、Macbookバッテリー膨張しませんでしたか?

購入からわずか2年でこの有様の記者のMacbook Pro。修理に出したところケースが破損して戻ってきましたがAppleの修理では日常茶飯事。きちんと文句を言わないと直してもらうことができません。それも交渉を粘ってようやく直されることが多いです。

購入時には見た目が美しくても、数年でバッテリーが膨張、基本的には自分で直せるように作っていないわけですね。

 

エコや省エネを主張するならそれができる製品やOS、アプリケーションを提供してしかるべき主張の筋が通るわけです

Apple製品はiMacもMac miniもMacbook Pro、Air、Mac Pro、Apple watch、iPhone、iPad Pro、M1製品大量に所有、過去にも歴代買っていますが、だいたいバッテリーが膨張するものが多いですし、壊れたら捨てるしかないことも多いです。初期不良も結構よく調べればありますし、かなり慎重に調べていない人は気づかないような不具合が結構ありますからね。

そして続々と新製品を出すので、結局買い換えるわけじゃないですか。

それってエコというより大量消費ですよね。

Appleの仮想通貨マイニングはエコじゃない、という主張には筋が通らないと思うんですね。MacProも電源は1400W、消費電力も最大1280Wなわけで、業務用電子レンジ並な訳ですね。

Appleシリコン搭載MacProで電気量は減るだろうと思いますが、では2年前に発売したMacProってwww

 

普段アプリ開発をしている関係でApple製品を使っているのですが最近Appleのやり方に嫌気がさしているんですね

カスタマイズもできないので製品にまったく愛着がわいてこないんですね。

新しいのが出たら売ればいいやという感じしかありません。

だから、2年立つと安くなってしまうと思うんですがどうでしょうね。価値が上がるなどということは基本的に考えにくいですね。

10年後にはバッテリー破裂してますから。

 

Appleが今後もこのような製品の発売姿勢では炎上する可能性が高い

と思っていますがいかがでしょう。

 

最近旧型のMacProを丁寧にクリーニングしたり部品を交換して直して使おうとClassic Macのサークルを作って取り組んでいます

毎日真夜中まで話が止まらないくらい盛り上がっているんですがw

 

今週はMac Pro 2012をカスタマイズするオフ会でMac Proをメンテナンスしてきます

大量消費ではなく、1つのものを大事に使うようにした方が豊かな気もしますね。

 

ちなみに、時代が変化しており、変化にあわせた様々なやり方の変化が問われる時代になってきました。

ウィルスの拡大の中でオリンピックを開催すれば非常にリスクが高いでしょう。政府自体も変化ができないという状況の中、我々だけでも自ら変化を進めていって、いい形でこの危機の時代を乗り越えていきたいものです。

 

以上、管理人でした。

 

P.S.なおWWDC2021でMac Pro 2021が発表になるとは限りませんが、いずれにしてもいずれ発表されることは間違いないでしょう。Appleには見かけのデザインだけではそれを使う人にとって使いやすい製品の提供に関するデザインについてももっと考えてもらいたいものです。

 

ニューノーマル